インテグラタイプR(DC5)の車検整備を行いました。

インテグラタイプR DC5 スプールバルブパッキン交換

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)スタッフのモリヤマです。今回は以前ご納車したインテグラタイプR(DC5)の車検整備を行いました。オーナー様からトランスミッションオイル、冷却水、スパークプラグ、イグニッションコイルの交換のご用命も頂けました。結構距離を走っている車両なので、各部をしっかり点検していきます!作業はメカニックのワタナベです。インテグラタイプR DC5 車検

インテグラタイプR(DC5)車検整備作業

まずはエンジンルームの点検からしていきます。エアクリーナーは少し汚れていますが問題ないですね。汚れの溜まったエアクリーナーは吸入空気の妨げになるため燃費の悪化やエンジンの不調につながることもあります。インテグラタイプR DC5 エアクリーナー点検次に車両をリフトアップしてハブベアリングの点検をします。ハブベアリングに異常があると、走行時に異音や振動などの症状が出てきます。今回はガタもなく良好です。インテグラタイプR DC5 ハブベアリング点検トランスミッションオイルを抜きます。こちらは少し焼けて劣化していますね。エンジンオイルに比べて少ない量で仕事をしなければならないオイルなので、定期的に交換したいですね。インテグラタイプR DC5 トランスミッションオイル交換こちらの車両には機械式LSDが装着されているので、オイルはクスコのLSDオイルを使用します。インテグラタイプR DC5 トランスミッションオイル交換新しいトランスミッションオイルを入れます。インテグラタイプR DC5 トランスミッションオイル交換冷却水も交換します。インテグラタイプR DC5 冷却水交換ブレーキの点検をします。ここではブレーキパッドの残量の他、ピストンブーツの劣化やキャリパーピストン、スライドピンの動きをチェックします。インテグラタイプR DC5 ブレーキ点検次にクラッチフルードの交換をします。DC5ではエンジンルーム上からクラッチレリーズにアクセスできないため、下からの交換です。作業スペースがかなり狭いので交換作業は非常に大変です(泣)インテグラタイプR DC5 クラッチフルード交換下回りの作業が終わったら、車両を下げてブレーキフルードの交換です。インテグラタイプR DC5 ブレーキフルード交換オーナー様のご希望で、今回はDIXCELのブレーキフルードDOT5.1を使用します。サーキットなどハードな走行にも対応するブレーキフルードです。インテグラタイプR DC5 クラッチフルード交換 ブレーキフルード交換新しい冷却水を入れます。インテグラタイプR DC5 冷却水交換パワーステアリングフルードも交換します。フルードはHONDA純正品を使用します。交換は数回に分けてフルードが綺麗になるまで行います。インテグラタイプR DC5 パワーステアリングフルード交換こちらが新しいパワーステアリングフルードの色です。上の画像と比べると、どれくらい汚れているかわかりますね。インテグラタイプR DC5 パワーステアリングフルード交換タイヤの残量のチェックをします。スタッドレスタイヤにはスリップサインとは別にプラットフォームというスタッドレスタイヤとして使用できる摩耗限度があり、そこまで摩耗すると雪道でのスリップの危険性が高まりますので注意が必要です。またプラットフォームまで摩耗してもタイヤとしては使用できますが、雪道の走行を前提に作られたタイヤなので、雨の日にもスリップの危険が高まるので、オフシーズンでの履き潰しもおススメできません。インテグラタイプR DC5 タイヤ交換スペアタイヤのエアチェックもしっかり行います。なんとDC5のスペアタイヤはアルミ製です!インテグラタイプR DC5 スペアタイヤ点検

インテグラタイプR(DC5)ヘッドカバーパッキン&スプールバルブパッキン交換

エンジンルームの点検時にヘッドカバーからオイル漏れが発生していたので、オーナー様とご相談の上、ヘッドカバーパッキンの交換、合わせてスプールバルブのパッキンの交換を追加のご用命を頂きました。オイル漏れが発生していると、車検に通らないだけでなく、知らないうちにエンジンオイルが減っていき、気づかないで放置するとオイル不足によるエンジンブローになってしまうことも・・・そうなる前に交換しておきたいですね。インテグラタイプR DC5 スプールバルブパッキン交換本日のメカメカしいのがやってきました!ヘッドカバーの中は綺麗ですね。こまめにメンテナンスされている証です。見どころは何といってもVTEC特有の3個のカム山ですね。低速、高速用にカム山が分かれており、それをECUの信号を元にスプールバルブが油圧をかけてVTECを切り替えます。インテグラタイプR DC5 スプールバルブパッキン交換スプールバルブを取り外します。インテグラタイプR DC5 スプールバルブパッキン交換スプールバルブのパッキンは劣化して縮んでしまっていますね。ゴム製のパッキンがまるでプラスチックのように固くなっています。こうなってしまうと隙間ができ、オイルが漏れてきてしまいます。すべて新品に交換してリフレッシュします!インテグラタイプR DC5 スプールバルブパッキン交換

インテグラタイプR(DC5)スパークプラグ&イグニッションコイル交換

続いてスパークプラグとイグニッションコイルの交換をします。碍子の部分も焼けており、交換時期ですね。インテグラタイプR DC5 スパークプラグ交換交換するスパークプラグはNGKのIRIWAY7です。インテグラタイプR DC5 スパークプラグ交換こちらの商品はチューニングエンジン向けのスパークプラグで、加速性や着火性に優れたものです。タイプRのような高性能エンジンにはぴったりですね♪インテグラタイプR DC5 スパークプラグ交換イグニッションコイルも新しいものに交換します。今回はヘッドカバーパッキンの作業と同時に行うため、工賃もお安くなっています!インテグラタイプR DC5 イグニッションコイル交換あとは外していた部品を元に戻して作業は終了です。DC5も年数が経ち、走行距離の多い車両も増えてきました。こういったメンテナンスは快適に運転するうえで欠かせんね♪N様ご依頼ありがとうございました!インテグラタイプR DC5 イグニッションコイル交換

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. インテグラタイプR(DC2)納車前点検
  2. S2000 AP1 MTF交換 サンドイッチブロック取付
  3. S2000 J'sracingつちのこチャンバー
  4. S2000(AP1・AP2)TRDドアスタビライザー CSO
  5. S2000 AP1 納車前整備
PAGE TOP