S2000(AP1)のクラッチペダルストローク不良の修理

S2000(AP1) クラッチ

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)のワタナベです。今回は在庫車のS2000(AP1)のクラッチペダルを踏んだ時のストローク不良の修理をしました。症状としてはクラッチペダルを踏みこんだ時に重さや引っ掛かりがありスムーズに動かずストローク量も少ないような感じです。クラッチマスターシリンダーやスレーブシリンダーで発生している場合もありますがその辺を改善してもまだ症状が出る場合はミッション降ろしての作業になります。
S2000(AP1)

S2000(AP1)のミッション降ろし

とにかく周辺パーツを外してミッションを降ろします。まずオルタネーターを外してその奥にあるスターターモーターのボルトを外します。
S2000(AP1) クラッチ
S2000(AP1) クラッチ
EXマニを外します。ですが純正ではなくTODAレーシング製のEXマニが入っていてこれがなかなか厄介で外すのが大変でした。
S2000(AP1) クラッチ
S2000(AP1) クラッチ
プロペラシャフトを外します。
S2000(AP1) クラッチ
車内側をバラします。
S2000(AP1) クラッチ
S2000(AP1) クラッチ
センタートンネルの上の方にあるボルトはサブフレームを止めているボルトを緩めて下にずらしてやらないとアクセスしにくいです。
S2000(AP1) クラッチ
S2000は一般的なプッシュ(押すタイプ)式のクラッチではなくプル(引くタイプ)式のクラッチを採用しているのでレリーズベアリングがクラッチ側に残るのでレリーズベアリングを動かすフォークをベアリングから外しておかないと引っ掛かって抜けなくなります。
S2000(AP1) クラッチ
S2000(AP1) クラッチ
ミッションが降りました。
S2000(AP1) クラッチ
S2000(AP1) クラッチ
さてここが問題の箇所です。レリーズベアリングがスライドして動くスリーブです。グリスが切れてしまっているのは仕方ないんですがそのせいでスムーズにスライド出来なかったり真っ直ぐに動かなくて擦れて当たりが強くなっている部分が2ヵ所あります。これがペダルストロークの違和感として左足に伝わります。外部からのグリスアップが難しいのでミッションを降ろしての作業になります。
S2000(AP1) クラッチ
右が新品です。ミッションケース一体型が多いんですがS2000は別部品で用意されています。
S2000(AP1) クラッチ
グリスアップして組付けます。ミッションを降ろさないと出来ない部分なので多めにグリスアップしたいとこですがサービス精神を出すと余分なグリスでクラッチが滑っちゃったりして結局またミッション降ろさなくてはならなくなりますので適量で。
S2000(AP1) クラッチ
S2000(AP1) クラッチ

同じような症状なんだけど走れない訳ではないからとごまかして乗っているオーナー様も多いのではないかと思いますが、クラッチは必ず踏まないと走れないですし結構な回数踏みますから改善するとそれだけで走るのが楽しくなると思います。気になるオーナー様はご相談下さい。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限
  2. フィット GE8 スパークプラグ交換 エアクリーナー交換
  3. EK9 シビックタイプR ドライブレコーダー取付
  4. シビックタイプR(EK9)新品トレーリングアーム画像
  5. シビックタイプR(EK9)エンジンオーバーホール載せ替え作業
  6. シビックタイプR(EK9)整備画像
PAGE TOP