無限ライトチューン仕様S2000(AP2)の車検整備依頼

S2000(AP2)車検 無限

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)のメカニック ムラマツです。今回もS2000ネタですが、ブルーの素敵なAP2の車検整備をご依頼頂きました。他店で購入されたお車との事ですが、どんなパーツがついているのか?現状どんな状態なのか?これからどんなメンテナンスをすればよいか?知っておきたいという事で、点検+車検見積、後日車検整備をさせて頂きました。無限のリップスポイラーや無限のボンネット、リアウイングとなかなかスポーティな外観です。AP2には無限のリップスポイラーが似合いますね!

S2000(AP2)の車検整備

エンジンルームの点検から進めていきます。エンジン・ラジエター・ベルトや配管、配線と各部の状態をチェックしていきます。エンジンルームで目を引くのはやはり無限のハイパフォーマンスエアクリーナーBOXですね!バンパー内部まで伸びたカーボン製のダクトで吸気温度の低減を図っています。ボンネットもダクトの形状に合わせて無限のボンネットに換装されていますね。S2000(AP2)車検 無限 エアボックス内部にはK&N社製のエアフィルターが装着されています。汚れてきたら専用のキットを使い洗浄して繰り返し使用できます。社外フィルターを装着してもメンテナンスされずに使用されている事が多いですから、洗って再使用できるのはいいですね。目立った汚れはないので今回は点検のみです。S2000(AP2)車検 無限 今回オイル類は全交換をご依頼頂きました。中古で購入された場合、購入時に全オイル交換していない場合どのオイルがいつ変わっているのか不明瞭な場合がほとんでです。特にスポーツカーではトランスミッションオイル(MTF)やデフオイルは使用状況、使用オイルによっては劣化が早くなっていますので全交換して一度リセットしておくのがオススメです。スポーツ走行前提の方ならマストで交換しておきたいですね。S2000(AP2)車検 無限 オイルフィルターも交換させて頂きました。ワコーズの高ろ過タイプに交換です。S2000(AP2)車検 無限 トランスミッションオイルも抜いていきます。少し汚れが目立ちますね。鉄粉はなかったのでギア類は大丈夫そうですね。S2000(AP2)車検 無限 ノーマルミッションとの事ですので純正のMTF-Ⅲを注入します。S2000(AP2)車検 無限 続いてデフオイルも交換します。こちらは比較的キレイなオイルが出てきました。直近で交換していたかもしれませんね。S2000(AP2)車検 無限 機械式のLSDは入っていませんでしたのでこちらも純正 HGO-3 を注入します。クルマの下側では無限製エキマニとマフラーが装着されています。重量は純正マフラーの約半分に軽量化が出来、音量も保安基準内で全域でパワーアップ!無限ならではのハイスペックマフラーです。とは言っても経年劣化で音量が大きくなってしまう場合もありますから当然音量チェックはしないとですね。S2000(AP2)車検 無限オイル類を抜いている間にブレーキ関連のチェックを行います。ブレーキパッドの残量チェック、キャリパーピストンの動きを確認します。ブレーキパッドはプロジェクトμ製に変更されていますね。S2000(AP2)車検 無限 S2000(AP2)車検 無限 こちらはリア側です。リアもプロジェクトμのパッドが装着されています。ブレーキホースも同社製ですね。ポイントポイントでしっかりと手が入っていますねぇ。S2000(AP2)車検 無限 リアのピストンは専用のツールで回転させてピストンの動きをチェックします。ブレーキが固着している車両が多くなっていますので定期的にチェックしておきたいポイントですね。S2000(AP2)車検 無限 ガタが出やすいリアのハブベアリングもチェックします。タイヤを装着した状態、ブレーキを外してフリーな状態でもチェックします。S2000(AP2)車検 無限次に車体のチェックをしていきます。法定点検で定められた箇所はもちろん、それ以外にもその車両ならではのウィークポイントをチェックします。S2000といえばフロントのサスペンションアームの付け根の溶接剥がれはメジャーなポイントです。オーナー様のお車はAP2で純正で強化されていますが、念の為確認しておいて損はないですからね。S2000(AP2)車検 無限 フロントのロアアームブッシュも経年劣化で痛んでいる車両が多くなっています。細かいひび割れはありますが致命的な状態ではなさそうです。S2000(AP2)車検 無限 S2000やスポーツカーだけの症状ではないですが、ジョイントブーツ類には経年劣化でヒビ割れが入っていました。放っておくとブーツが破れて水が浸入、ジョイントに錆が発生して最悪の場合ジョイントが脱落してしまう恐れがあります。ブーツ交換で済む作業がジョイント交換になったり、大がかりな修理になってしまう可能性があるので、破れてしまう前に早めの交換がおススメです。S2000(AP2)車検 無限 S2000(AP2)車検 無限 プロペラシャフトのガタをチェックします。プロペラシャフトもガタが出るとアクセルON-OFF時にフィーリングが悪くなったり、不快な振動が出たりします。一概にドライブシャフトだけが原因とは言えませんが、劣化や摩耗でガタが出ている場合もあるので要チェックですね。S2000(AP2)車検 無限 サスペンションはホンダアクセスのModuloサスペンションキットが装着されていました。ノーマルから10ミリのローダウン、フロント側には5段階の減衰力調整が備わっています。純正形状のサスペンションなので車高調のようにオーバーホールは出来ませんが、シート固着やピロガタなどの心配がないのはいいですね!2020年オートサロンで発表されましたが、2020年2月にはサスペンションキットが再び販売される予定との事です。サスペンションの仕様が同じかはわかりませんが、旧型車のパーツが新規で販売されるのは嬉しいですね!! S2000(AP2)車検 無限下廻りのチェック後はブレーキフルード、クラッチフルードを交換します。S2000(AP2)車検 無限 車検時にブレーキフルードの交換はよく行いますが、クラッチフルードもブレーキフルードと同じフルード(オイル)を使用します。フルードには吸湿性がありますので放置すると確実に性能低下します。べーパーロックなどの心配はブレーキよりは低いですが、劣化のよるフィーリングの悪化、フルード漏れ、エア噛みによりクラッチ切れ不良が発生する可能性があります。クラッチフルードも定期的に交換しておきたいですね。S2000(AP2)車検 無限 エンジンオイルを注入します。今回はワコーズ プロステージSを使用させて頂きました。S2000(AP2)車検 無限

S2000(AP2)エアインテークホースの交換

車検見積時に、エアクリーナーからスロットルバルブをつなぐエアインテークホースに亀裂が見つかりました。エンジンは走行中には大きく揺れます。その揺れを吸収する為にエアインテークホースはジャバラ状になっていますが、長期間揺れを吸収する事でゴムが劣化し亀裂が入ってしまいます。そのままにしておくと、ホースが裂けてしまいエアクリーナーを通さない空気を吸ってしまいます。最悪の場合異物がエンジン内部に挟まってしまう可能性もあります。亀裂が見つかった時点で早めの交換がおススメですね。もちろん社外品の強化タイプのインテークホースもいいですね。S2000(AP2)車検 無限亀裂はほんの少しでしたが、早めに対処しておくに越したことはありませんね。S2000(AP2)車検 無限旧ホースと入れ替えて終了です。S2000(AP2)車検 無限車検整備後、継続検査を受検してきましたが、もちろん問題なく一発OKでした。無事車検整備が終了しました。ゴム部品の劣化はありましたがクルマ自体は適度にチューンナップされて良好な状態でした。アフターパーツは一度つけてしまうと強化されていると思ってしまい、交換やメンテナンスなど疎かになりがちです。アフターパーツも当然劣化しますので定期的に状態チェックをしておきたいですね。
HMRでは車検整備をするだけでなく、車両ごとのウィークポイントもチェックしますので他店購入の車両でもお気軽にご相談くださいね。O様ご依頼ありがとうございました。S2000ライフ楽しんで下さいね♪

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. S2000メンテナンス画像
  2. NSX(NA1)
  3. インテグラ DC2 納車点検
  4. シビックタイプR(EK9)ブレーキパッド&ローター交換画像
  5. EG6 納車前点検画像
  6. S2000ミッション修理
PAGE TOP