S2000(AP1)にTODAレーシング アンチGフォースオイルパンを取付

S2000 AP1 TODA バッフルプレート オイルパン

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)のメカニック ムラマツです。S2000の定番症状でもあるオイルフィルター・オイルサンドイッチブロックの緩みですが、オーナー様のお車はサーキット走行中にサンドイッチブロックが緩んでしまい、オイル漏れを起こしてしまったとの事です、、、幸いエンジンブローは免れたみたいですが、安心して走行する為にオイルサンドイッチブロックを撤去し、エンジンオイルの偏りも防げるTODAレーシング製アンチGフォースオイルパンを装着のご依頼をいただきました。S2000 AP1 TODA バッフルプレート オイルパンすでにオーナー様自身でオイルサンドイッチブロックは撤去されて清掃もされていましたが、オイルが飛び散った右側の足回りはオイルでベチャベチャです、、、ブレーキが効かなくリスクもありますし、オイルフィルターの真横にはエキゾーストマニホールドが通っていますので、最悪の場合車両火災になってしまいますね。大事に至らなくて幸いでした。S2000 AP1 TODA バッフルプレート オイルパン S2000 AP1 TODA バッフルプレート オイルパンそして、今回取り付けるのがこのTODAレーシング アンチGフォースオイルパンです。S2000 AP1 TODA バッフルプレート オイルパンTODAレーシングの刻印がカッコいいですね!S2000 AP1 TODA バッフルプレート オイルパン内部はこんな感じになっています。S2000 AP1 TODA バッフルプレート オイルパンボルト留めされているプレートが、サーキット走行時など強いGが掛かった時のエンジンオイルの偏りを防ぎ、油圧低下、エンジンオイルのエア噛みを防いでくれます。本格的にスポーツ走行をするならマストで付けておきたいパーツですね。S2000 AP1 TODA バッフルプレート オイルパンさらに、ドレンボルトの横にはエンジンオイルの温度センサーを取付けるボスが溶接されています。オーナー様がこのオイルパンを選ばれたのもオイルサンドイッチブロックを撤去して、行き場を失った油温センサーを取付る為でもあります。S2000 AP1 TODA バッフルプレート オイルパン

S2000(AP1)オイルパンの取り外し

早速純正のオイルパンを外していきます。オイルパンを外すとエンジンオイルがダラダラ垂れてきますので、可能な限りオイルを出してしまいます。S2000 AP1 TODA バッフルプレート オイルパンドライブベルト(補機ベルト)を外します。外したついでにテンショナープーリーのベアリングにガタがないかチェックしておきます。ガタが出ると異音の原因になったり最悪の場合プーリーがロックしてベルトが焼き切れてしまいます。 S2000 AP1 TODA バッフルプレート オイルパンオイルパンにエアコンのコンプレッサーが固定されているので、コレも外します。 S2000 AP1 TODA バッフルプレート オイルパン後は大量に留っているボルトを外しますが、S2000 AP1 TODA バッフルプレート オイルパン20本以上あるんです、、、ボルトの長さに種類があるので組付ける時は要注意ですね。S2000 AP1 TODA バッフルプレート オイルパンボルトを外しても液体パッキンで留っているのでオイルパンは落ちて来ません。無理に力をかけると割れたり欠けたりしてしまう事もあるので、バールで慎重にこじって外します。S2000 AP1 TODA バッフルプレート オイルパン無事純正のオイルパンが外れました。中はこんな感じになっています。S2000 AP1 TODA バッフルプレート オイルパン抜いたオイルもチェックしましたが、オイルパンに中にも鉄粉や破片などはなさそうです。エンジン自体は大丈夫そうですね。S2000 AP1 TODA バッフルプレート オイルパンエンジンの内部はとてもキレイな状態です。定期的にオイル交換されていたみたいですね。エンジンの一番下に長穴が空いている部分がオイルストレーナー、エンジンオイルの吸い口になります。S2000 AP1 TODA バッフルプレート オイルパンクランクシャフトや、コンロッドも見えますね。S2000 AP1 TODA バッフルプレート オイルパン

S2000(AP1)TODAレーシング アンチGフォースオイルパンの取付

純正のオイルパンが外れたら、残った液体パッキンのカスなどを清掃してアンチGフォースオイルパンを取りつけていきます。S2000 AP1 TODA バッフルプレート オイルパン純正と同形状なのでポン付けです。外した時の逆の手順で戻していきます。S2000 AP1 TODA バッフルプレート オイルパン油温センサーをオイルパンに取付ます。走行中の揺れも考えて配線をしておきます。ギリギリで配線してしまうとエンジンの振動で切れてしまいます。もちろん、だるんだるんでもダメです。S2000 AP1 TODA バッフルプレート オイルパンエアコンのコンプレッサーや補機ベルトを装着して、ひとまずアンチGフォースオイルパンの取付は終了です。

S2000(AP1)油圧センサーの移設

続いてオイルサンドイッチブロックを撤去して行き場を失った油圧センサーを取付ます。もちろんオイルパンから油圧は取れませんので、今回は純正の油圧センサー(プレッシャースイッチ)を撤去して、社外メーターの油圧センサーを取り付けました。すごく見ずらいですが、VTECスプールバルブとオイルフィルターの間ぐらいにあるのが純正の油圧センサーです。S2000 AP1 TODA バッフルプレート オイルパン 外すとこんな感じになっています。エンジンが始動してオイルポンプからの油圧が掛かると接点がONになる仕組みです。S2000 AP1 TODA バッフルプレート オイルパン取り付ける社外メーターの油圧センサーがこちら。純正の油圧センサーの取付部分のネジサイズは、一般的な社外メーターの油圧センサーのネジサイズと共通ですが、今回取付る油圧センサーは海外メーカーの為ネジサイズが異なります。全長が長くなってしまいますが、変換アダプターを介して取付します。S2000 AP1 TODA バッフルプレート オイルパンこんな感じで取付ます。スペース的には全然問題ありませんね。S2000 AP1 TODA バッフルプレート オイルパンエキマニの真横にあるので、念の為耐熱テープで接続部分を保護しておきます。こちらもエンジンの揺れを考慮して配線していきます。外した純正の油圧センサーの配線は絶縁してまとめておきます。ちなみに純正の油圧センサーを外してもメーター内の警告灯は点灯しませんが、社外の油圧メーターが故障した時は正常な油圧状態が分からなくなってしまいますので、すぐに純正に戻せる準備をしておきたいですね。外したセンサーはもちろんオーナー様にお渡しさせて頂きました。S2000 AP1 TODA バッフルプレート オイルパン取付が終わったら最後にエンジンオイルを注入します。今回はWAKO’SのプロステージSを使用させて頂きました。S2000 AP1 TODA バッフルプレート オイルパンオイルを注入したらエンジン始動です!! アイドリング放置~走行テストを行って漏れがないか確認します。取付部や各センサー部分からのオイル漏れもなく問題なく取付が終了しました。S2000 AP1 TODA バッフルプレート オイルパンアイドリング放置している間に、オイルパンと併せてオーダー頂いだ、リアデフオイルの交換を行いました。S2000 AP1 TODA バッフルプレート オイルパンS2000の純正デフケースでは約0.8リットルと非常に少量しかオイルが入っていません。スポーツ走行時には油温の上昇により早期劣化・デフ本体の異常にもつながりますからこまめにオイル交換しておきたいですね。もちろん、トランスミッションのオイルもサーキット走行時にはかなり高温になっています。純正のオイルですと粘度が低くシャバシャバですから、そのまま高温下で使用するとギアの痛みが発生し、ミッションブローに発展する可能性があります。サーキット走行時は少し硬めのオイルでこまめなオイル交換がおススメですが、ただ硬いオイルを入れると冷間時にミッションが入らない&痛めることになるので、オイル選びが重要です。S2000 AP1 TODA バッフルプレート オイルパンこれで無事オイルパンの交換が終了しました。S2000のオイルフィルターの緩みは定番症状の一つですし、オイルサンドイッチブロックを装着すると、オイルサンドイッチブロックの取付ボルトも緩みます。走行前に締め付けのチェックは必ずしておきたいですね。もちろん、オイルフィルターストッパーの取付も取付も有効です。気になった方はお気軽ご相談下さいね。T様ご依頼ありがとうございました。引き続きサーキット走行楽しんで下さいね~♪

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. S2000 メンテナンス画像
  2. S2000 AP1 ハードトップ 取付
  3. S2000納車前整備
  4. S2000(AP1)オイル交換画像
  5. フィットRS(GE8)画像
  6. S2000(AP1・AP2)TRDドアスタビライザー CSO
PAGE TOP