S2000(AP1)ブレーキ廻りをフルリフレッシュ&無限 マイクロメッシュブレーキライン取付

S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)のメカニック ムラマツです。今回は、前回大容量デフカバーとガセットプレートの取付をさせて頂いたS2000のブレーキ廻りのフルリフレッシュ編です。マスターシリンダー、各キャリパーのオーバーホール、ブレーキホースの交換をご依頼頂きました。ストリートでもスポーツ走行でもクルマは止まる事が一番大事ですから、リフレッシュを考えているのであればブレーキからがオススメですね。

S2000(AP1)マスターシリンダーのオーバーホール

早速作業を進めていきます。まずはマスターシリンダーです。マスターシリンダーは各キャリパーと違い基本的に固着してしまう事はありませんが、内部のピストンシール、パッキンの劣化などによりブレーキフルードが漏れてしまう事があります。フィーリングの悪化やエア噛みにつながりますので、一度はオーバーホールしておきたいですね。S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限マスターシリンダーを取り外すには、ブレーキパイプを取り外さないといけません。10ミリのスパナで緩められそうなボルトですが、しっかりとトルクがかからないのでボルトをなめてしまいます、、、専用のフレアナットレンチで外します。パイプが緩んだ瞬間にブレーキフルードが出てきますので養生を忘れずにですね。
S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限マスターシリンダーが外れました。S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限マスターバック側はこんな感じになってました。中央のパッキンのあたりにうっすら錆がみえますねぇ。若干ながらブレーキフルードが滲んていた可能性があります。
S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限マスターシリンダーのマスターバック側はこんな感じに。こちらにはマスターバック側の錆が付着していました。S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限マスターシリンダーを分解してオーバーホールをします。マスターシリンダーの中にはこんな部品が入っています。左側がプライマリピストン、右側がセカンダリピストンといいます。ブレーキペダルを踏むと、ピストンが押され、ブレーキフルードが押し出される仕組みですね。
S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限マスターシリンダー内部をクリーニングして、新品のピストンを組付けてマスターシリンダーのオーバーホールは終了です。S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限錆があったマスターバックをチェックします。塗装を削ってどこまで錆が進行しているか確認してみると、取付部分の下側のみでした。機能に問題はなさそうなので、綺麗に錆を落として、
S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限防錆塗装をしました。見た目は新品に復活です!
S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限マスターシリンダー本体を組付けて、作業終了です。マスターバックの輝きがイイですね。
S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限

S2000(AP1)ブレーキキャリパーのオーバーホール

続いて、各キャリパーのオーバーホールを行っていきます。まずは車体からキャリパーを取り外します。
S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限こちらはフロントキャリパーですね。見た目はなんともないのですが、ピストンを抜いてみると、、、、
S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限案の定錆が発生していました!取り外す前のチェックでもフロントは若干の引きずりがありましたので、やはり固着の症状が進んでいたみたいですね。
S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限キャリパー内部はこんな感じになっていました。普通に走れていても分解してみると錆は進行しているんですね。
S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限ツールを使って錆を落としていきます。結構根気のいる作業なんです、、、
S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限錆が落ちてキレイになったら、新品のピストン・シールキットを組み込んでいきます。シールキットにはちゃんとグリスも付属してきます。ピンクはピストンシールとダストブーツに、透明はピストンの組付けに、オレンジはスライドピンの組付け用です。
S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限スライドピンの状態もチェックしてグリスアップして組み込みます。
S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限フロントキャリパーのオーバーホール完了です。
S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限こちらはリア側ですね。リアは引きずり感はあまりなかったのですが、分解してみると、、、
S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限やはり錆てました、、、
S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限
こちらも新品のピストン、シールキットを組み込んでいきます。
S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限組み込みが終了しました。性能に差が出るわけではありませんが、リテーナースプリングも清掃して戻しておきます。せっかくのオーバーホールですから中も外もキレイにしてこそですね。もちろんキレイにする事で異常の早期発見にもつながります。これでキャリパーのオーバーホールは完了です!
S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限

S2000(AP1)無限マイクロメッシュブレーキラインの取付

続いてブレーキホースの交換を行います。今回、オーナー様より無限のマイクロメッシュブレーキラインをオーダー頂きました。ホンダといえばやはり無限ですね!?
S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限中身はこんな感じになっています。パッキンは当たり前に付属していますが、配管を固定するリテーナースプリングも付属しています。さすが無限さんですね。S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限さらに、無限製のすごい所はブレーキホースの固定のブラケットが全て車種専用になっています。他社さんのメッシュホースですとブラケットは汎用なので、車種ごとのブラケットの位置に合わせて固定してあげる必要がありますが、無限製は言わばポン付け出来るようになっています。クオリティも間違いないですが、メカニック的にもありがたい所ですね。
S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限
S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限純正のノーマルホースと同じように取付出来るので、サックっと取付完了です。
S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限
S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限
S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限すべての作業が終わりましたので、最後にブレーキフルードを注入・エア抜きを行います。オーナー様はサーキット走行が前提ですので、スポーツ走行対応のDIXEL DOT5.1のブレーキフルードを使用させて頂きました。
S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限フルードの漏れチェックをして、問題なければテスト走行をして作業終了です。作業前はペダルを踏みこむとガチっとしているけどストロークがない感じだったのが、リフレッシュ後はしっかりとストロークし、それでいてカチッとしたタッチになりました。ピストンの動きが正常になったおかげですね。これで安心してサーキット走行を楽しんで下さい。I様ご依頼ありがとうございました。
S2000(AP1)ブレーキ オーバーホール 無限

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577
FAX:042-520-7578

contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. S2000 納車前点検
  2. インテグラタイプR DC5 Difi メーター 取付
  3. S2000 AP1 SPOON マフラー 交換
  4. S660 JW5 エンジンルーム点検
  5. インテグラ(DB8)納車前整備
  6. S2000(AP1)納車整備
PAGE TOP