S2000のミッション修理。シフトがグニャグニャと渋いフィーリングを改善

S2000ミッション修理

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)のイシケンです。S2000ミッショントラブルで一番多いシフトフィールがグニャグニャしてなんとも言えない嫌な感じ。そんなS2000のミッション修理をしました。作業をしたのはメカニックのムラマツです。

S2000ミッションバラし

まずは当たり前ですがミッションを下ろします。ここまででもS2000はそれなりに時間かかりますが、今回はミッション修理なので外れたところから書きます。S2000ミッション修理シフトのフィーリングが悪化する要因の多くは、シフトロッドが刺さる箇所の部品に焼きついたオイルが付着してクリアランスがなくなっているパターンです。クリアランスがなくなることでシフトフィールがグニャグニャした感じでとても硬く渋くなります。なのでまずはそこをチェックしてみます。S2000ミッション修理シフトロッドが抜けるところまでミッションをバラします。S2000ミッション修理こんな感じでシフトロッドを引き抜けるところまでバラしました。S2000ミッション修理シフトロッド周辺のパーツを取り外します。S2000ミッション修理これでシフトロッドを抜ける状態になりました。がしかし、焼きついてクリアランスがないと簡単に抜けないんですね〜。S2000ミッション修理あれやこれやとやってこんな感じでシフトロッドが抜けました。S2000ミッション修理この丸いところにシフトロッドが入っていて、穴の中に丸く薄いパーツが挟まっていますが、そこに焼きついたオイルが付着してクリアランスを無くしてしまいます。S2000ミッション修理クリアランスを作るために焼きついたオイルをヤスリで削って表面を整えていきます。ここからの画像がないのですが、削ってはシフトロッドを入れて動かしての繰り返しです。シフトロッドの動きが改善してきたら終了です。ギア自体には削れはなくとても綺麗な状態だったので、そのまま組み付けました。S2000ミッション修理搭載後のシフトフィールはスムーズになり、S2000らしい気持ちいいショートストロークのシフトになりました。ただ、ミッションをオーバーホールした訳ではないので、新品時のようなフィーリングにはならないので、リフレッシュされたい方はオーバーホールやリビルトミッションに交換するのをお勧めします。

お問い合わせ

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー一覧

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
042-520-7577 / 042-520-7578
contact@hm-r.co.jp

〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. サーキット仕様のシビック(EG6)の車検適合作業
  2. シビックタイプR(EK9)新品トレーリングアーム画像
  3. S2000(AP1)デフマウント交換
  4. EG6 エンジンミッションマウント交換画像
  5. S2000(AP1)クラッチ交換 レリーズベアリング交換
  6. EK9 ドライブシャフト ブッシュ 交換
PAGE TOP