S2000(AP1)トラスト大容量デフカバーとSPOONガセットプレートの取付!

S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレート

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)のメカニック ムラマツです。今回は茨城県よりご来店のS2000(AP1)にトラスト製の大容量デフカバーと、SPOONのフロントサスペンションアームのガセットプレート取付、ブレーキのフルリフレッシュのご依頼を頂きました。今回は、デフカバーと、ガセットプレートの取付を紹介します。オーナー様はサーキット走行を本格的に行うにあたって、S2000のウィークポイントを強化されたいとの事でした。外観はシンプルですが、タイヤはナンカンAR-1を装着され、内装もフルバケットシートを2脚装備し、とてもスパルタンな仕上がりになってますね!S2000(AP1)トラスト デフカ

S2000(AP1)のデフ本体の取り外し

まずは、トラスト製の大容量デフカバーの取付を行います。見るからに巨大なデフケースです。純正は一番下にドレンボルトがつきますが、トラスト製ではドレンボルトの位置は平坦なジャッキアップポイントとなり、ドレンボルトはサイドに移動されています。さらに、ドレン・フィラーボルトの横にはオイルクーラーの取り出し口、油温センサーの取付部まで装備され後々のアップデートにも対応しています。至れり尽くせりですね!S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレートS2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレート早速デフ本体を車体から降ろしていきます。まずは、オイルを抜いてその間に各所のボルトを緩めていきます。S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレート ロアアームのジョイントを外して、左右のアウトプットシャフトからドライブシャフトを引き抜きます。シャフトは傷つけないように慎重に外します。S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレート プロペラシャフトも接続部を切り離します。S2000のプロペラシャフトはヘックス(6角)のボルトで固定されていて外すときにボルトを痛めやすいので要注意ですね。S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレート デフマウントからデフ本体を引き抜いて、、、S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレート デフ本体が外れました!!気を抜いて降ろすと腰をやっつけますので、気合を入れて持ち上げましょう。S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレート

S2000(AP1)純正デフカバーから大容量デフカバーへの交換

デフ本体が降りましたのでデフカバーの交換を行っていきます。デフ本体から左右のアウトプットシャフトを抜き取ります。シャフトは再利用するので異物がつかないように保管しておきます。S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレート デフ本体を立てて、ケースとデフキャリアを固定しているボルトを外すと、、、、S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレート パカっと外れます!デフの内部はこんな感じになってるんですね。見えているギアがファイナルギア、その内側にあるチラっと見えているギアが純正のトルセン式のデフですね。目立った汚れも鉄粉もなく良好な状態でした。S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレート 外した純正のデフカバーとトラスト製大容量デフカバーと並べてみました。大きさの違いがよくわかりますね。S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレート S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレート 大容量デフカバーにはアウトプットシャフト部分のオイルシールがついていないので、新品のサイドシールを取付ます。再利用は漏れの原因になるので当然NGです。S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレート 準備が出来たら一度仮付けをして干渉などがないか確認して、デフキャリアと合体させます。合わせ目には液体パッキンを塗って組付けます。S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレート オイルシールを傷つけないように気を付けてながら、アウトプットシャフトを組付けます。S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレート せっかくデフ本体を降ろしたので、追加で前後のデフマウントも交換させて頂きました。デフマウントも経年劣化で痛みが出ている場合もあります。特にリアデフマウントはオイル封入タイプなので劣化してしまうとオイル漏れを起こす場合があり、過去ブログでも紹介しております。⇒過去ブログへ 後日作業するより工賃も安くなるので、出来る箇所は一度にリフレッシュした方がお得ですね。S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレート リアデフマウントを組付けて、S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレート フロント側も新品を取付ました。これでデフ本体を取り付ける準備OKです。S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレート

S2000(AP1)デフ本体の取付

車体にデフ本体を取付ていきます。外した時の逆の手順ですね。S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレート プロペラシャフトの固定ボルトは腐食しているボルトのあったので新品に交換させて頂きました。固着するとボルトを痛めてしまって外せなくなってしまうので、プロペラシャフトを外すときは交換前提の方がいいですね。ちなみに、AP1とAP2ではプロペラシャフトが違い、AP2の方が太いボルトを使用してます。S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレート 各部の締め付けをチェックして、取付が完了しました!純正とはオーラが違いますね!S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレート  最後にデフオイルを注入します。大容量デフカバーに交換すると純正の0.8リットルから2.3リットルと約3倍のオイルが入るようになります。純正のオイル量でスポーツ走行を行うとすぐに油温があがりデフを痛める原因にもなります。この量はかなりのアドバンテージになりますね。今回は純正のトルセン式のデフなのでホンダ純正のオイルを注入しました。S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレートオイルの注入が終わったらリフト上でタイヤを回転させて漏れがないかチェックし、さらに走行テストをして再度チェックします。オイル漏れも異音もなく無事デフカバーの交換が終了しました。S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレートスポーツ走行時には、エンジンオイルの温度や冷却水の温度を気にしがちですが、デフオイル・トランスミッションオイルも温度は上昇してます。後付けてクーラーを装着しないかぎり、デフオイル・ミッションオイルはほとんど冷却される事がないので過度に走行するとブローの原因になります。デフカバーの交換でオイル量を増やしたり、クーリングを挟みながらエンジンオイルや冷却水以外のオイルにも気を使いながら走行して下さいね~

S2000(AP1)SPOONガセットプレートの取付

続いて、SPOON製ガセットプレートの取付です。S2000の前期型のウィークポイントでもあるフロントサスペンション、アッパーアームの取付部を補強するパーツですね。通常走行では心配はありませんが、ハイグリップタイヤを履いてスポーツ走行を行うとアッパーアームの取付部の剛性が弱い為、取付部に負担がかかり最悪の場合溶接が剥がれてしまう場合があります。後期型のS2000は純正で補強材が入っている程です。SPOONさんのガセットプレートは、そんなウィークポイントを後付けのプレートを溶接してアームの取付部だけでなく全体の剛性もアップさせるパーツですね。S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレート 取付前はこんな感じです。サスペンションの脇を通って、車体にボルトで固定されているのがアッパーアームですね。S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレート S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレート ABSのコードが通っている辺りが、アッパーアームの取付部の下側ですね。この辺りから溶接剥がれが起きてしまう場合があります。S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレート こちらが今回装着した SPOON製のガセットプレートです。自動車の車体にも使われる超硬ハイテン調質材という金属で出来ています。S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレート厚みも1ミリほどしかなく、重量増も最低限ですね。S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレート いきなりですが、取付完了です。HMRには溶接設備がないので協力工場さんに取り付けて頂きました。パッと見純正のような存在感ですね。元から付いたような仕上がりです。純正の1枚の鉄板しかなかった部分が大幅に強化されました。S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレート S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレート S2000(AP1)トラスト デフカバー ガセットプレート 溶接にあたりアッパーアームの脱着を行いますので、取付後はアライメントの点検と調整をさせて頂き、デフカバーの交換、ガセットプレートの取付が完了しました!これで安心してサーキットライフが楽しめますね! I様、遠方よりご依頼頂きありがとうございました。
次回は、ブレーキオーバーホール編を紹介させて頂きますのでお楽しみに。

お問い合わせ

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー一覧

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
042-520-7577 / 042-520-7578
contact@hm-r.co.jp

〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. インテグラタイプR(DC5) 車高調交換画像
  2. S2000幌交換作業
  3. オイル漏れ修理 EK9
  4. EK9 ドライブシャフト ブッシュ 交換
  5. シビックタイプR(EK9)新品トレーリングアーム画像
  6. S2000スターター交換作業画像
PAGE TOP