S2000(AP1)のステアリングトルクセンサー交換&RACV清掃

S2000(AP1)のステアリングトルクセンサー交換

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)のワタナベです。今回は納車整備の追加作業としてS2000(AP1)のステアリングトルクセンサー&RACV清掃の作業をしました。S2000(AP1)のステアリングトルクセンサー交換&RACV清掃

S2000(AP1)のステアリングトルクセンサー交換

S2000は油圧式のパワーステアリングではなく電動のパワーステアリングになっています。そこでこのトルクセンサーに異常があると止まっている状態でエンジンをかけると片方にステアリングが勝手に切れ込んでしまったり全体的に操作感が重くなったりパワーアシストが安定せず重くなったり軽くなったりしてしまいます。部品自体はエアクリーナーBOXの後ろを上から覗いてステアリングシャフトとステアリングギアBOXの間に見えるカプラーが刺さった部品です。S2000(AP1)のステアリングトルクセンサー交換
カプラーを外してステアリングのユニバーサルジョイントのボルトを緩めてスライドさせてからトルクセンサーを外します。ボルト2本でギアBOXに止まっています。S2000(AP1)のステアリングトルクセンサー交換
右が新しいトルクセンサーです。破損しているわけではないので見た目がキレイ以外はたいして変わりません。シャフトのところのカバーも写真では付いていませんが付属していますので新しい物に替えます。S2000(AP1)のステアリングトルクセンサー交換
交換終了です。入れる際はギアが真っすぐではないのでちょっとコツが要ります。S2000(AP1)のステアリングトルクセンサー交換
最後に診断ツールを使用しての学習作業が必要ですのでDIYでの交換はおすすめしません。試走チェックして無事症状は改善されて普通の動きになりました。同じような症状がある方はご相談ください。

S2000(AP1)のRACV清掃

RACV(ロータリーエアコントロールバルブ)は特に冷間時のアイドリングをコントロールするバルブです。これが不具合を起こすとアイドリング不調になります。バルブ自体の故障もありますが汚れによって動きが悪くなって不具合を起こす場合もあります。スロットルバルブの後ろのサージタンクの側面に付いています。S2000(AP1)のRACV清掃
ボルト2本で止まってますので外します。S2000(AP1)のRACV清掃
結構汚れていたので清掃します。グリーンの液体はLLCです。ウォーターホースが接続されていて温度に応じてバルブが動きます。S2000(AP1)のRACV清掃
清掃後です。ゴムパッキンも新しい物に交換して元に戻します。S2000(AP1)のRACV清掃
今回は特にアイドリング不調とかのトラブルが出ていた訳ではなく予防的な対処だったので効果ははっきりとは出ませんでした。あまりやり過ぎると壊れる場合もあるので要注意です。この作業もDIYはおすすめしませんご相談ください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577
FAX:042-520-7578

contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. S2000 AP2 納車前整備
  2. シビックタイプR(EK9)画像
  3. S2000 TypeS リップスポイラー 流用
  4. S2000 AP1 プロペラシャフト交換
  5. S2000 AP1 ラジエター交換
  6. シビックタイプR(EK9) ヘッドカバーパッキン交換
PAGE TOP