S2000 AP1 ブレーキオーバーホール& SPOONマフラー交換

A2000 AP1 マフラー交換

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)のメカニック ムラマツです。今回はS2000 AP1 のブレーキリフレッシュとマフラー交換を紹介します。前回、オイル交換と無料点検を実施した際に右後ろのブレーキが固着気味になっていたのが見つかり、今回4輪共リフレッシュをしたいとの事でご依頼頂きました。また、併せてマフラーも交換したいとの事でSPOONのN1マフラーへと交換する事になりました。シルバーの車体にガンメタのRAYS CE28 SL がマッチしてますね。
S2000 AP1 ブレーキオーバーホール

S2000 AP1 ブレーキ廻りのリフレッシュ

まずはブレーキ廻りのリフレッシュを行っていきます。今回は、キャリパーピストン、キャリパーシールキット、アクレのメッシュホースをご用意させて頂きました。
S2000 AP1 ブレーキオーバーホール S2000 AP1 ブレーキオーバーホール 左リアタイヤです。手で回しても動きが鈍くスムーズに回ってくれません。S2000 AP1 ブレーキオーバーホール タイヤを外してブレーキディスクを確認してみると、少し熱が入ったような色に変色しています。S2000 AP1 ブレーキオーバーホール S2000 AP1 ブレーキオーバーホール ブレーキパッドの状態です。固着していない右側とも大差なく問題ありませせんでしたので、今回はそのまま再使用します。S2000 AP1 ブレーキオーバーホール  キャリパーとブレーキホースを取り外しました。S2000 AP1 ブレーキオーバーホール S2000 AP1 ブレーキオーバーホール 早速オーバーホールを進めていきます。フロントはエアの圧力を使ってピストンを押し出します。リアはネジ式になっているのでピストンをぐるぐる回して取り外します。S2000 AP1 ブレーキオーバーホールS2000 AP1 ブレーキオーバーホール ピストンが外れました。うっすらと錆の後がありますが、まだまだ初期症状ですね。S2000 AP1 ブレーキオーバーホール こちらがキャリパー側の状態です。固着気味になっていたのは、上から二段目の溝の錆がピストンを錆させてお互いに引っ掛かってしまうからですね。シリンダー部分は綺麗な状態なのでシール溝の錆をキレイに落としてあげれば問題なく再使用出来ます。S2000 AP1 ブレーキオーバーホールそしてこちらはフロント側のピストンです。作業前の確認では引きづりはほぼなかったのですが、外してみたらこんな感じになっていました・・・S2000 AP1 ブレーキオーバーホール キャリパー側もご覧のとおりです。幸いシリンダー部分の錆はないのでリア同様錆を落として研磨して再使用します。S2000 AP1 ブレーキオーバーホール 特殊工具などを駆使し錆を落としていきます。シール類が入る溝の錆は徹底的に落とします。ガリガリ削ってだいぶキレイになりましたね。S2000 AP1 ブレーキオーバーホール クリーニングが終わったら新品のシール類を組み込んでいきます。専用のグリスを塗って組付けます。S2000 AP1 ブレーキオーバーホール キャリパーサポート側のスライドピンも外してクリーニングします。ココの動きが悪いとブレーキパッドの方減りの原因にもなるのでしっかりグリスアップしてダストブーツも新品に交換します。S2000 AP1 ブレーキオーバーホール 新品のシール、ピストンの組付けが完了しました!組付けた後は何度かピストンを出したり縮めたりして異常がないかチェックします。スムーズに動くので問題なくオーバーホール出来ました。S2000 AP1 ブレーキオーバーホール  4ヵ所ともオーバーホールが終わりました。 S2000 AP1 ブレーキオーバーホール つづいて、ブレーキホースの交換を行います。前述しましたが、今回はアクレのメッシュホースをオーダー頂きました。オーバーホールというとキャリパーだけに目が行きがちですが、ブレーキホースもゴム製のホースですので当然劣化します。限度に達してしまえばフルード漏れも発生してしまうので、一緒に交換して頂く事をおススメします。スポーツ走行もするならマストで交換したいですね。S2000 AP1 ブレーキオーバーホール 4ヵ所とも取付が終了しました。スポーティな感じがなんともカッコいいですね!S2000 AP1 ブレーキオーバーホール S2000 AP1 ブレーキオーバーホール S2000 AP1 ブレーキオーバーホール フルードを入れて、エア抜きを行います。走行テストをして漏れチェックしてブレーキ廻りのリフレッシュは終了です。S2000 AP1 ブレーキオーバーホール

S2000 AP1 マフラー交換

続いては、マフラー交換を行います。お客様よりSPOONのN1マフラーをオーダー頂きました。当然ですがピカピカですね。サイレンサーのエンブレムが反射して映るくらいキレイな仕上がりです。N1マフラーには触媒ストレートパイプも付属してきますが、もちろんストリートでの取付はNGですので、今回は中間パイプとテールピースのみのお取り付けです。S2000 AP1 マフラー交換 S2000 AP1 マフラー交換 20年頑張ってくれたノーマルマフラーを取り外します。マフラーの吊りゴムを外れる寸前までズラして、触媒側のナットを外しますが、S2000 AP1 マフラー交換 SPOON 見事に固着、、、緩め剤を使ってなんとか外れました。S2000 AP1 マフラー交換 SPOONネジ類が外れた、吊りゴムを外してマフラーを取り外します。が、S2000のマフラーは触媒以降が1本物で制作されている為、とんでもない重さです、、、一人で降すのはキケンな重さです。S2000 AP1 マフラー交換 SPOON 純正マフラーが外れたら、SPOONのマフラーを取り付けていきます。ガスケットを新品に交換してボルト類には固着防止のグリスを塗って中間パイプ、テールピースと取り付けていきます。純正と違い分割式の上、軽量なので取付はとても楽ちんですね。S2000 AP1 マフラー交換 SPOON S2000 AP1 マフラー交換 SPOON こんな感じで取付が終わりました。S2000 AP1 マフラー交換 SPOON S2000 AP1 マフラー交換S2000 AP1 マフラー交換 SPOON片側1本出しのマフラーになった事で大幅に軽量化され運動性能の大幅に向上します。サウンドはもちろんホンダならでは官能的なサウンドになりました。音量は大きめなのでストリートではサイレンサーが必要ですね。S2000はマフラーなどのアフターパーツがまだまだ豊富にありますので、社外品のお取り付けもお気軽にご相談下さいね。

S2000 AP1 ブレーキリフレッシュ・マフラー交換の費用

今回の整備に掛かった費用です。※2019年9月現在

■キャリパーシールキット・キャリパーピストン一式  ¥18,080
■ブレーキホース(アクレ) ¥25,500
■工賃+油脂類   ¥37,000
■合計  ¥80,580

■SPOON N1マフラー ¥78,000  ※送料別途
■工賃  ¥8,920
■合計  ¥86,920

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー一覧

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
042-520-7577 / 042-520-7578
contact@hm-r.co.jp

〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. S2000(AP2)幌交換
  2. S2000 メンテナンス画像
  3. フィットRS(GE8)SPOON N1マフラー交換
  4. インテグラタイプR(DC2)プラグ交換画像
  5. シビックタイプR(EK9)新品トレーリングアーム画像
  6. S2000(AP2)ロアアーム アライメント調整
PAGE TOP