S2000でクラッチのフィーリング悪化はレリーズベアリングが原因

S2000(AP1)クラッチ交換 レリーズベアリング交換

HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)のメカニック ムラマツです。今回は販売させて頂いたS2000(AP1)が営業スタッフからクラッチのフィーリングが変⁉ということで、納車点検と併せて修理をおこないましたので紹介させて頂きます。
走行テストを行ってみると、クラッチの繋がりは問題なくクラッチが減っているという感じはないのですが、ペダルの動きがグニュっとした感じで、ミートポイントがあいまいな感じです。この症状ですと恐らくレリーズベアリングの作動が悪くなっている可能性がありますので、今回はレリーズベアリングの交換を前提にトランスミッションを降ろしていく判断をしました。

S2000(AP1)トランスミッションの取り外し

さっそく作業を進めていきます。まずは室内側に作業を進めていきます。コンソールを取り外してシフトレバーを取り外します。 S2000(AP1)クラッチ交換 レリーズベアリング交換 メンテナンスホールが狭いのでダストブーツの取り外しに苦労します。シフトレバー本体が外れました。普段見えないシフトノブより下はこんなに太く作られています。S2000(AP1)クラッチ交換 レリーズベアリング交換 続いてエンジンルーム側の作業になります。エンジン側はエキマニの取り外しと、トランスミッションに固定されているスターターモーターのボルトを外していきます。S2000(AP1)クラッチ交換 レリーズベアリング交換 エアクリーナーを外して、オルターネーターをずらしてスペースを作りますが、スターターモーター自体全く見えません・・・隙間から工具を入れてボルトを抜きます。S2000(AP1)クラッチ交換 レリーズベアリング交換 エキマニはカバーを外して、ナットを緩めておきます。S2000(AP1)クラッチ交換 レリーズベアリング交換  エンジンルームの作業が終わったら、車体の下側にいきます。レリーズシリンダー・レリーズフォークや配線、ブラケットなどを外していきます。S2000(AP1)クラッチ交換 レリーズベアリング交換センサー類のカプラーやハーネスを外しておきます。  S2000(AP1)クラッチ交換 レリーズベアリング交換 プロペラシャフトも外します。同じ位置に組付けられるようにマーキングしてから取り外します。S2000(AP1)クラッチ交換 レリーズベアリング交換 緩めておいたボルト類を外して、エキマニ・触媒も外しました。S2000(AP1)クラッチ交換 レリーズベアリング交換 続いて、おそらくS2000クラッチ交換の最大の難関と思われる、トランスミッションとエンジンの締結ボルトを外していきます。トランスミッションの上側のボルトはバルクヘッドに隠れてしまっていてそのままでは外せません。というか、外れないどころか工具すら入りません・・・S2000(AP1)クラッチ交換 レリーズベアリング交換 そこで、サブフレームを固定しているボルトを緩めてエンジンを斜めにして取り外します。 S2000(AP1)クラッチ交換 レリーズベアリング交換 これでようやくトランスミッションを降ろす準備が出来ました。ミッションジャッキをあてがって降ろしていきます。S2000(AP1)クラッチ交換 レリーズベアリング交換  降りました!! 一人でも持てますが結構な重量です!S2000(AP1)クラッチ交換 レリーズベアリング交換 トランスミッションを降ろすとエンジン側はこんな感じになっています。S2000はプル式のクラッチを使っていますので、レリーズベアリングがクラッチ側にありますね。S2000(AP1)クラッチ交換 レリーズベアリング交換  S2000(AP1)クラッチ交換 レリーズベアリング交換

S2000 AP1 レリーズベアリングの交換

ここからが本題です。レリーズベアリングとスリーブの状態を確認します。S2000(AP1)クラッチ交換 レリーズベアリング交換 見事に傷んでますね・・・摩耗した上にさっび錆になっています。これではクラッチペダルに違和感を感じるワケですね。S2000(AP1)クラッチ交換 レリーズベアリング交換 レリーズベアリングもフォークの爪が当たる部分に摩耗、ベアリング自体もスムーズに回りません。完全に交換時期を過ぎてしまった感じですね。S2000(AP1)クラッチ交換 レリーズベアリング交換 グリスも切れて摺動部がガサガサな状態ですね。ペダルを踏んでも戻りが悪いという感じはココの動きがスムーズでないからなんですね。S2000(AP1)クラッチ交換 レリーズベアリング交換 用意しておいた新品のレリーズベアリングとスリーブに交換します。S2000はこのスリーブだけパーツが出るのでありがたいですね。ちなみにEK9・DC2やDC5・FD2などのトランスミッションではスリーブはミッションと一体式になっているので、最悪の場合はミッションのケース交換になってしまいます・・・S2000(AP1)クラッチ交換 レリーズベアリング交換 ベアリングとフォークにグリスを塗って仮組して、グリスを馴染ませます。余分なグリスはしっかりと拭き取っておきます。S2000(AP1)クラッチ交換 レリーズベアリング交換こちらはクラッチディスクです。ほとんど摩耗していません。ダンパーのガタもありませんね。おそらくクラッチだけ交換してレリーズベアリングは交換しなかったのでしょうか・・・クラッチ交換する際には基本的にセットで交換しておいたほうがいいですね。S2000(AP1)クラッチ交換 レリーズベアリング交換 各部のチェックをしたら後は元通り組み付けていきます。クラッチディスクとプレッシャープレートの組み付けにはセンター出しツールという専用工具が必要になります。S2000(AP1)クラッチ交換 レリーズベアリング交換組み付けが終わったら作動確認です。見事にクラッチペダルのフィーリングがよくなりました。スムーズかつミートポイントもバッチリですね。今回の症状はS2000の定番トラブルでもあります。 レリーズベアリングの動きが悪いまま乗っているとクラッチの切れ不良になりギアを痛めてしまう可能性もあります。異音がしてたり、フィーリングが変だなと思ったら早めの対処をしたいですね。そろそろクラッチ交換をしようかなと検討中の方はお気軽にご相談下さいね。

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー一覧

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
042-520-7577 / 042-520-7578
contact@hm-r.co.jp

〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. アコードユーロR(CL7)納車前点検画像
  2. デモカーS2000オイル交換画像
  3. EK9 リフレッシュ
  4. S2000 ASMリアオーバーフェンダー
  5. EK9 ドライブシャフト ブッシュ 交換
  6. S2000幌交換作業
PAGE TOP