EK9シビック タイプR リフレッシュ依頼その① ブレーキ編

EK9 リフレッシュ

HMRメカニックのムラマツです。今回は栃木県よりEK9シビックタイプRの足回り、ブレーキ等のリフレッシュ依頼を頂きましたのでその様子を紹介いたします。走行距離が15万キロを超えゆくゆくはエンジン、ミッションを含め車両全体のリフレッシュをされたいとの事で、今回はその第一弾になります。整備前に一度ご来店頂き現車を確認の上整備箇所を決定させて頂きました。

EK9シビックタイプR ブレーキ関連のリフレッシュ

まずは、ブレーキ関連のリフレッシュです。今回はマスターシリンダーは新品交換、各ブレーキは分解してオーバーホールを行っていきます。EK9 シビック ブレーキ オーバーホール
ブレーキパイプ、フロートセンサーの配線、取り付けナットを外すとマスターシリンダーが外れてきます。もちろんパイプを外すとブレーキフルードが漏れてきますのでウエスでしっかりカバーしてから外します。EK9 シビック ブレーキ オーバーホール 外したマスターシリンダーです。致命的な漏れはなさそうですね。EK9 シビック ブレーキ オーバーホール が、しかし!マスターバック側には錆が・・・フルードの滲みやパッキン劣化による水の侵入の可能性がありますね。塗装面をスクレーパーで削っていくと下部の方まで浸食されていました。EK9 シビック ブレーキ オーバーホール EK9 シビック ブレーキ オーバーホール そのまま戻すわけにはいきません。錆を徹底的におとして、塗装をしました。ツヤツヤになりまるで新品ですね!EK9 シビック ブレーキ オーバーホール新品のマスターシリンダーを組み付けていきます。リザーブタンク内のフロートセンサーも新品になりますので、接触不良による警告灯の誤点灯も防げます。EK9 シビック ブレーキ オーバーホール ブレーキパイプ配線を繋げてマスターシリンダーは終了です。タンクが真っ白で気持ちが良いですね!EK9 シビック ブレーキ オーバーホール 続いて各キャリパーのオーバーホールを行っていきます。 前後のブレーキキャリパーを取り外しました。キャリパー、ローターともに年式相応の汚れや錆が発生していますね。EK9 シビック ブレーキ オーバーホール キャリパーピストンを抜いていきます。事前のチェックで固着している感じはなかったのでエアの圧力でピストンを押し出します。EK9 シビック ブレーキ オーバーホール リアキャリパーはホンダ特有のパーキングブレーキ付きキャリパーです。ピストンを左に回して外していきます。EK9 シビック ブレーキ オーバーホール外したピストン、シール、ダストブーツです。ピストンは錆もなく再使用しても問題なさそうなくらい綺麗です。定期的にメンテナンスされていたのかもしれませんね。ちなみに皆さんブレーキフルードは定期的に交換していますか?ブレーキフルードには吸湿性があります。なので定期的に交換していないとフルード内に少しずつ混ざっていった水分がキャリパーの内部を腐食させます。そうなると、ピストンが固着しブレーキの引きずりが発生、、、最悪の場合は火災になる恐れもあります。また、熱害によりハブベアリングを痛めたりと良いことはありませんので、早め早めの交換をお勧めします。EK9 シビック ブレーキ オーバーホール こちらはリアのピストンです。うっすら錆の痕跡があります。ちょうどオーバーホールのタイミングですね。EK9 シビック ブレーキ オーバーホール今回は、オーバーホールに追加してキャリパーの防錆塗装のご依頼も頂きましたので、各パーツを分解、洗浄を行いました。EK9 シビック ブレーキ オーバーホール  耐熱シルバーで塗装しました。新品同様、、、それ以上の輝きになりました!EK9 シビック ブレーキ オーバーホール塗装が乾燥したら新品のピストン、シール類を組み付けていきます。純正のシールキットには各部のオーバーホールに必要な部品から専用のグリスまですべてセットになっていてとても便利です。EK9 シビック ブレーキ オーバーホール 各部の組み付けが終了したら車体に組み付けていきます。今回はオーバーホールだけでなくブレーキパッド、ディスク、ブレーキラインまで全て新品交換のご依頼を頂きました。走行シチュエーションなどを相談の上ブレーキパッドはアクレさんのストリートファイター、ブレーキラインも同じくアクレさんのメッシュホース。ブレーキディスクはDIXELのPDタイプをチョイスしました。EK9 シビック ブレーキ オーバーホール組み付けが完了しました。とてもフレッシュな感じがしますね!まるで新車のようです。組み付けが終わったらフルードの注入、エア抜き、走行テストを行ってブレーキ回りのリフレッシュは終了です。EK9 シビック ブレーキ オーバーホール EK9 シビック ブレーキ オーバーホール次回のブログでは、足回りリフレッシュ編を紹介致します。

EK9 シビックタイプR ブレーキリフレッシュの費用

今回のブレーキリフレッシュに掛かった費用です。※2019年8月現在

■キャリパーオーバーホールキット・キャリパーピストン・マスターシリンダー ¥42,805
■ブレーキライン(アクレ)  ¥27,500
■ブレーキパッド(アクレ)  ¥12,000
■ブレーキディスク(DIXEL)  ¥36,000
■油脂類+工賃   ¥46,500
■合計       ¥164,805 (税抜き)

使用する部品はご希望に合わせて変更も出来ますので、気になった方は是非一度ご相談下さいませ。

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー一覧

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
042-520-7577 / 042-520-7578
contact@hm-r.co.jp

〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

 

 

関連記事一覧

  1. S2000(AP2)ロアアーム アライメント調整
  2. アコードユーロR(CL7)納車前点検画像
  3. シビックタイプR(EK9)メンテナンス画像
  4. インテグラ DC2 納車点検
  5. S2000ボディコーティング画像
  6. フィットRS(GE8)トライフォース車高調取り付け
PAGE TOP