EK9 シビックタイプR リフレッシュ依頼その② 足回り編

EK9シビック 足回り

こんにちは。HMR ホンダ(エイチエムアールホンダ)のメカニック ムラマツです。今回は前回のブレーキリフレッシュに続きEK9シビックタイプRのリフレッシュ依頼の第二弾シャーシ・足回り編です。お客様とご相談の上、アーム類の交換、サスペンションの新調、ハブベアリングの交換を行う事になりました。アーム類は全て純正新品へ交換を行いたかったのですが、現時点(2019年8月)でフロントロアアーム、コンペセターアームは廃盤となっておりロアアームは百式自動車さんの強化ブッシュ組み込み済みアーム、コンペセターアームは同じく百式自動車さんの強化ブッシュへ打ち換える事になりました。

EK9シビックタイプR 足回りのリフレッシュ

フロント回りから作業を進めていきます。ドライブシャフト以外全て外す感じですね。EK9 サス ブッシュ 交換 リフレッシュ ボルト、ナットの固着もなかったのサクサクと外していきます。ドライブシャフトは宙ぶらりんにしておくとインナー側のジョイントが抜けてしまう事があるのでS字フックなどで吊っておくと安心です。EK9 サス ブッシュ 交換 リフレッシュEK9 サス ブッシュ 交換 リフレッシュ サスペンション、ナックル、スタビライザー等を外して、ボルトを抜くとアーム類が外れます。アッパーアームの上側は砂が大量に溜まってますね。EK9 サス ブッシュ 交換 リフレッシュ こちらはナックルとハブ一式です。EK9 サス ブッシュ 交換 リフレッシュ フロントのロアアームのブッシュです。経年劣化によるヒビ割れはありますが、致命的なヒビは入っていませんでした。EK9 サス ブッシュ 交換 リフレッシュ新品の純正アッパーアームと、百式自動車さんの強化ブッシュ入りロアアームです。純正ロアアームに強化ブッシュが打ち込み済みなのでポン付けでOKです。EK9 サス ブッシュ 交換 リフレッシュ EK9 サス ブッシュ 交換 リフレッシュ 続いて、ハブベアリングを交換します。作業前の走行テストでは異音は感じられませんでしたが、安心の為交換します。EK9 サス ブッシュ 交換 リフレッシュ プレスを使用してハブ、ベアリングを抜き取ります。ベアリング単体でもゴリゴリ感はなく良好な状態でした。EK9 サス ブッシュ 交換 リフレッシュ ナックルの点検と清掃を行ったらプレスを使用してベアリング、ハブを圧入していきます。ベアリングやハブが斜めに入らないように慎重に圧力をかけていきます。EK9 サス ブッシュ 交換 リフレッシュベアリングの組付けが終了したら、フロント回りは一旦終了です。
続いて、リア回りの部品の取り外しにかかります。EK9 サス ブッシュ 交換 リフレッシュトレーリングアームのブッシュはヒビだらけです。表面だけに見えますが、中心部までヒビが入っています。年式的にもこうなってしまっている個体が多くなっています。EK9 サス ブッシュ 交換 リフレッシュ ブレーキ、ハブベアリングを外します。リアのハブベアリングは中心のナットを外すと簡単に外せます。 リアのハブベアリングは圧入の必要がない、ユニットハブになっています。ちなみにベアリング外側の凹凸の部分はABSセンサーのギアパルサーという部分です。この凹凸とピックアップコイルを使って車輪の回転速度を計っています。EK9 サス ブッシュ 交換 リフレッシュ今回は足回り総交換なので、アーム類一式で降ろしていきます。一式となると結構な重量になるのでジャッキで支えて降ろします。EK9 サス ブッシュ 交換 リフレッシュ取り外しが終わったら、コンペセータアームのブッシュを打ち換えます。EK9 サス ブッシュ 交換 リフレッシュ こちらが今回使用した百式自動車さんの強化ブッシュです。ノーマルと比べるとゴムの部分が増えギッチリ詰っている感じですね。EK9 サス ブッシュ 交換 リフレッシュ プレスと専用のカラー(筒状の工具)を使用して入れ替えを行います。EK9 サス ブッシュ 交換 リフレッシュ 少しでも曲がってしまうと、ブッシュもアームも痛めてしまします。慎重に全体のバランスを見ながら圧入していきます。EK9 サス ブッシュ 交換 リフレッシュ 打ち換え終了です。EK9 サス ブッシュ 交換 リフレッシュ お客様のご要望により防錆塗装を行いました。見た目新品ですね。EK9 サス ブッシュ 交換 リフレッシュ こちらは、純正新品のトレーリングアーム、アッパーアーム、ロアアームです。新品は黒光りしてますね!EK9 サス ブッシュ 交換 リフレッシュ各アームを仮組して車体へと取り付けていきます。EK9 サス ブッシュ 交換 リフレッシュEK9 サス ブッシュ 交換 リフレッシュ ハブベアリングも新品を取り付けます。EK9 サス ブッシュ 交換 リフレッシュ サスペンションアームの仮組が終わったらサスペンションを取り付けます。今回はリフレッシュに伴ってノーマルサスから車高調へ新調します。お客様のご希望によりTEIN FLEX ℤを用意させて頂きました。FLEX Zはオーバーホール時に分解せずにダンパー部分を新品交換しオーバーホール期間や費用を圧縮したモデルですね。ネジ調が均一になっているのを確認してまずは吊るしの車高で組み付けました。EK9 サス ブッシュ 交換 リフレッシュEK9 サス ブッシュ 交換 リフレッシュこちらはフロント側ですね。アーム類を外した時は必ずタイヤが設置状態になるまでジャッキ等で持ち上げてからボルト、ナットを締め付けます。そうしないとブッシュがたわんで捻じれた状態で組まれてしまい、ブッシュを痛めるだけでなく車高も変わってしまいます。EK9 サス ブッシュ 交換 リフレッシュ 今回各パーツの防錆塗装を行いました。ナックルやアーム類は単品のうちに、それ以外は組み付けが終わってから仕上げ塗装を行いました。 EK9 シビック ブレーキ オーバーホール この後、走行チェックを行い各部増し締め、点検、アライメント調整、再び走行チェックを行いました。乗り出して第一印象は足回りの動きがカチっとしたな!という印象です。車高調の減衰調整は中段くらいで走行してみましたが、作業前のフィーリングとはかなり変化がありました。足回りのリフレッシュは効果抜群ですね!これで、ブレーキ、足回りが終了しました。次回はクラッチマスター/レリーズシリンダー交換、オイルパンパッキン交換を紹介します。

EK9 シビックタイプR 足回りリフレッシュ費用

今回の足回りリフレッシュの費用です。なお、百式自動車は閉店となりましたので、現在はSPOONブッシュを利用しての作業となります。※2019年8月現在です。

■サスペンションアーム類(純正)  ¥97,320
■フロントロアアーム(百式自動車)  ¥30,000
■コンペセータアームブッシュ(百式自動車)  ¥6,000
■車高調サスペンション(TEIN)  ¥88,800
■前後スタビライザーリンク   ¥19,960
■前後ハブベアリング一式   ¥63,600
■ショートパーツ類   ¥3,320
■工賃+アライメント調整  ¥119,500
■防錆塗装(足回り+ブレーキ+他含む) ¥15,000
■合計    ¥443,500(税抜き)

お車の状態や仕様に合わせて作業出来ますので、気になった方は是非一度ご相談下さい。

お問い合わせフォーム

「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。

スポーツカー在庫一覧

ホンダスポーツカー一覧

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
042-520-7577 / 042-520-7578
contact@hm-r.co.jp

〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. HMR S2000 ブレーキパッド交換
  2. S2000(AP1)納車前点検
  3. S2000(AP1)幌交換
  4. S2000 スロットルバルブ画像
  5. S2000純正ナビモニター交換画像
  6. EK9 オイルパッキン交換 メンテナンス
PAGE TOP