シビックタイプR(EK9)の納車前点検 2017.7.29

シビックタイプR(EK9)点検画像

ホンダシビックタイプR(EK9)の納車前点検

HMR(エイチエムアール)メカニックのティーです。本日はEK9の納車前点検を行いました。HMRでは納車前点検で油脂類の交換を必須で行なっています。中古で購入する際にリフレッシュしておくと、次の交換タイミングがはっきりとわかるので安心ですよね。
EK9で交換した油脂類はこんな感じです。

●エンジンオイル(メテオオイル RC-α 7.5W-40)
●オイルフィルター(ワコーズ)
●ミッションオイル(SEEKER ハイパーギア75W-90)
●ブレーキフルード(MOTUL DOT5.1)
●クーラント(純正)
●パワステフルード(純正)

HMRでは納車前の油脂類交換で性能の良いオイルを使うようにしています。スポーツカー専門店としては当たり前だと思っています。

ホンダシビックタイプR(EK9)のオイル、クーラントなどの油脂類交換

シビックタイプR(EK9)オイル交換画像
エンジンオイルはメテオオイルを使用しています。オイルフィルターも合わせて交換しました。
ミッションオイルはホンダチューンで有名なSEEKERさんのオリジナルギアオイルです。繊細なホンダのミッションにはピッタリの高性能オイルです。
クーラントも交換してエア抜きして終了です。
シビックタイプR(EK9)クーラント交換画像

ホンダシビックタイプR(EK9)の点検結果

このEK9はH12年式の車で、すでに新車登録から17年が経過しています。どのEK9もそうですが、年式相応の痛みは出てきていますね。特にEK9やDC2などの年代の車はサビもそれなりに進行しています。ただ、この車を点検したところ、リアのブレーキ周りのリフレッシュ以外は必須で交換しないといけないところはなかったです。ブッシュ類やブーツ類の劣化はしてきていますが、破れているところはなかったです。これ、結構珍しいです。

ホンダシビックタイプR(EK9)のキャリパーオーバーホール

リアブレーキキャリパーが引きずっていたので、オーバーホールしてブレーキパッドの交換とブレーキフルード交換を行います。まずキャリパーをローターから取り外します。
キャリパーバラし画像取り外したらキャリパーのピストンを取り外します。キャリパーのOH(オーバーホール)はゴム類を全て取り替える感じです。ゴムが劣化するとキャリパーのピストン運動に支障が出て、均等に押せていなかったりということが発生します。キャリパーピストン取り外しもろもろ取り外したら清掃して新しいゴムパッキンを入れていきます。ピストンのゴムがなかなか手強いんですよねー。キャリパーピストンゴム画像ブレーキパッドはアクレのスーパーファイターを入れます。リーズナブルで街乗り用ブレーキパッドとしてはとてもおすすめです。最後にブレーキフルードを交換して終了しました!ここの画像を撮り忘れました(汗)
以上、メカニックのティーでした。

シビックタイプRの買取相場はこちら

シビックタイプRの中古車一覧はこちら

シビックタイプRの中古車一覧

スポーツカーの買取・査定

ホンダ車買取査定画像
LINE@の友達からスタート!!
※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。

友だち追加

ホンダ車の買取・査定のご依頼はこちら

HMR HONDA店舗情報

HMR HONDA画像
スポーツカー専門店 HMR HONDA
TEL:042-520-7577 FAX:042-520-7578
contact@hm-r.co.jp
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀1-38-2

関連記事一覧

  1. S660(JW5)納車前点検
  2. HMR S2000富士スピードウェイ
  3. S2000 AP1
  4. シビックタイプR(FD2) 納車前点検
PAGE TOP